【地方創生実践塾】平成28年度 地方創生実践塾 第4回 in岡山県真庭市

平成28年度 地方創生実践塾が岡山県真庭市で9/22に開かれます。

maniwa20160922-1

 

==「里山資本主義」を実践する「真庭」==

人口700人弱の里山で、地域内で地域資源をエネルギーに活用する
仕組みを見て、地方創生における持続可能な社会について学ぶ!!
地域活性化センターは、“地方創生”に向けて取り組む全国の方々を対象に、実践的な地域づくりのノウハウや手法を学んでいただける場として、「地方創生実践塾」(年10回開催予定)を開催しています。
第4回は岡山県真庭市にて、以下のとおり開催します。

 

 

日 時 平成28年9月22日(木・祝)13時 ~ 平成28年9月23日(金)12時30分
場 所 岡山県真庭市(蒜山(ひるぜん)中和(ちゅうか)地域)
内 容 【テーマ】地方創生における持続可能な社会

【カリキュラム】講義・フィールドワークによる2日間のカリキュラム

【主任講師】澁澤 寿一 氏(NPO法人 共存の森ネットワーク理事長)

【特別講師】太田 昇 氏(真庭市長)

駒宮 博男 氏(NPO法人 地域再生機構理事長)

赤木 直人 氏(一般社団法人アシタカ代表) ※特別講師は一部変更の場合もあります

【対象者】地域づくりに関心のある方、地域づくり団体・自治体・地域おこし協力隊、学生の方等

【定員】40名程度

【地方創生実践塾(岡山県真庭市)の内容について】

森林文化保全の教育・啓発に長年携わり、今年度から開塾した真庭市のセミナー「なりわい塾」でも実行委員長を務める澁澤氏を主任講師に、また特別講師に真庭市・太田市長、持続可能社会構築のための研究・実践をされている駒宮氏に加え、中和地域に移住されて地域内経済循環の一翼を担う赤木氏などお招きし開催します。講演やパネルディスカッションのほか、実際に現地を歩く“フィールドワーク”も取り入れ、「地方創生における持続可能な社会とは?」を体感しながら学んでいただくセミナーです。昨年秋にも真庭市で開催し大変ご好評をいただいたことから、平成17年度から始まった「地方創生実践塾」初の2年連続同市開催となります

主催等 主催:一般財団法人 地域活性化センター 共催:真庭市 後援:内閣府、総務省、岡山県
申 込 個人賛助会費:10,000円  ※地方創生実践塾地方版L会員に対するサービスとして実施します
問合先 一般財団法人地域活性化センター

振興部 地域支援業務課 担当:花田(はなだ)

TEL:03-5202-6136  FAX:03-5202-0755

【シンポジウム】都市・農村共生社会創造シンポジウム in 信州 9月28日

長野で「都市・農村共生社会創造シンポジウム in 信州」が開催されます。

nagano0928長野県町村会では、重要な役割を担う「農山村」の存続や新たな発展とともに、都市と農山村がそれぞれの役割を認識する中で、私たちが果たしていくべき役割について議論するシンポジウムを開催します。

全国で活躍中の明治大学農学部小田切徳美教授や、活動実践者である十日町市地域おこし実行委員会事務局長の多田朋孔さんを招き、参加者とともに「移住者と創る新しい農山村」をテーマにメッセージを発信していきます。

■日 時:平成28年9月28日(水) 13時15分開会(12時15分開場)

■会 場:下諏訪町総合文化センター 大ホール

(長野県諏訪郡下諏訪町西鷹野町4611−40)

■参加料:無料ですが、事前申込みが必要です ※定員に達し次第締切りとなります

■主 催:長野県町村会

後 援:長野県、長野県市長会、長野県町村議会議長会

協 力:一般社団法人農山漁村文化協会(農文協)

■お申込み等、くわしくは下記より
長野県町村会 都市・農村共生社会創造シンポジウムin信州

【関連書籍】

小田切先生著書

シリーズ田園回帰3 田園回帰の過去・現在・未来
はじまった田園回帰(農文協ブックレット12)

中山間直接支払制度と農山村再生
田園回帰がひらく未来
農村と都市を結ぶソーシャルビジネスによる農山村再生
農山村は消滅しない

 

 

【書評】掲載ありがとうございます。8月下旬

農文協 書評が掲載された本。

■あまから手帖2016年8月号に奥村彪生・「日本料理とは何か」

amakara201608

「あまから手帖8月号【特集】 この時季だけの日本料理」 に
紹介していただきました。

ありがとうございました。

 

 

■農業ビジネスマガジン2016(No14)に「田園回帰⑤ローカルに生きるソーシャルに働く」

農業ビジネス

農業ビジネスマガジン2016(No14)に

松永桂子尾野寛明編著「シリーズ田園回帰5 ローカルに生きる ソーシャルに働く

を紹介していただきました。

ありがとうございます。

 

 

長周新聞・8/19 第7929号に農文協ブックレット「よくわかるTPP協定 農業への影響を品目別に精査する」を紹介していただきました。ありがとうございます。

tyousyuu20160819