【受賞】戸門秀雄さんが第24回日本水大賞受賞で表彰されました。

■『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の取材による「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」で審査部会特別賞を受賞されました。

日本水大賞については下記
■第24回日本水大賞の各賞を決定~水循環の健全化に貢献する様々な活動から特に優れたものを表彰~

写真は6月14日 第24回日本水大賞の表彰式・受賞活動発表会会場にて(於・日本科学未来館)

■審査部会委員 山田正先生(中央大学研究開発機構教授)の講評(要旨)

私の経験に絡めてお話をさせていただきたい。私は河川工学が専門だが、大学で教わったやり方で数式ばかり扱っていても、ちっとも川のことはわからなかった。もっと川のことを理解したくて生物学も勉強したが、まだわからない。それで宮本常一の著作も読んだりしていたが、あるとき戸門さんの『職漁師伝』という本を読んで、川の源流にこんなふうに生きた人たちがいたのかと衝撃を受けた。川のヒューマンな部分に触れられた気がした。魚野川流域の記録もそうだが、戸門さんはそれまで誰も知りえなかった川に生きる人間の生きざまを描いて、私たちに伝えてくれた。審査部会特別賞に値する稀有な仕事。息子さんも文章を書かれている。今後のご活躍にも期待したい。

■戸門秀雄さんの著書
『職漁師伝 渓流に生きた最後の名人たち』

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』

 

 

 

 

 

 

 

 

*テレビのニュースや新聞では、秋篠宮さまのご臨席(3年ぶり)とペシャワール会の大賞受賞などが報じられました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000257993.html

【広告】日本農業新聞5/3掲載

■農文協 作業便利帳シリーズ
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

 

新版 イネの作業便利帳
新版 野菜の作業便利帳
トマトの作業便利帳
ピーマン・カラーピーマンの作業便利帳
キュウリの作業便利帳
メロンの作業便利帳
アスパラガスの作業便利帳
増補改訂 イチゴの作業便利帳
スイカの作業便利帳
新版 ブドウの作業便利帳
ミカンの作業便利帳
イチジクの作業便利帳
クリの作業便利帳
改訂 ウメの作業便利帳
リンゴの作業便利帳
オウトウの作業便利帳

【著者】『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

戸門秀雄さんが 公益社団法人 日本河川協会の第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

 

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の著者、戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞されました。

「第24回日本水大賞」 ・「2022日本ストックホルム青少年水大賞」受賞者
受賞活動名は「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」(=『川漁』)おめでとうございます!

45年間にわたり魚野川に通い、さまざまな魚の漁法や漁具、食べ方、川にまつわる伝承などをノートに書き留め、本にまとめた功績が認められました。
なお、大賞はペシャワール会のアフガン・「緑の大地計画」です(『季刊地域』41号、42号の中村哲さん追悼企画参照)。

日本水大賞は1998年に創設され、水循環の健全化に貢献するさまざまな活動の中から特に優れたものを表彰してきた賞です。

表彰式・受賞活動発表会は6月14日、日本科学未来館で開催され、3年ぶりに秋篠宮皇嗣殿下もご出席の予定。

■郷土料理 ともん

【イベント】現代農業・読者の集いオンラインイベント(中国四国支部)

■今年はオンライン(無料)でイベント開催!
人数に限りがありますので、お早目にご予約下さい。
=======================
2022年 中国四国 読者のつどい オンライン
~もっと深読み 現代農業~

 

 

 

 

いつも現代農業をご愛読ありがとうございます。この度、読者の皆様に向け「中国四国読者のつどい オンライン~もっと深読み 現代農業~」を開催します。
コロナ禍で集まりが持ちにくい中、引き続き長く交流できるきっかけにできればと思います。オンラインでは遠くの方が気楽に参加できる良さもあると思います。
ぜひ皆さま、ご参加ください!

■3/12(土)開催!
■第一部/13:00~14:30
■第二部/15:30~17:00

参加は無料。ご希望の部へお申し込みください。

■形式:オンライン
■定員:各50名程度
■対象:「現代農業」読者の方

●第一部 もっと知りたい 菌の話 ~光合成細菌編~


◆講師:佐々木 慧 様(広島国際学院大学講師。専門分野は発酵工学。著書「光合成細菌 採る・増やす・とことん使う」(共著,農文協))

現代農業1月号特集「農家の菌活」にちなみ、もっと菌のことを知り、菌活してもらうため の講座です。テーマは「光合成細菌」。農畜産に大活躍、他の菌との相性抜群、ヤマカワプログラムでさらに注目を集めています!

●第二部 もっと知りたい 薬草の話

◆講師:松原徹郎/久美 様(民泊「草楽」代表 現代農業連載「植物はあれもこれも薬草です」著者/薬剤師)
◆聞き手:現代農業編集部 小河健太郎

2021年12月号まで2年に渡って連載した「植物はあれもこれも薬草です」の著者・松原徹郎さん・妻の久美さんと連載担当の小河が、連載のウラ話やこの春できる薬草活用について話します。

■お申込方法:下記リンクより もしくはPDFの申込用紙から ご希望の講座を選択してお申込みください。

・お申し込みフォームは こちら
FAXお申込用紙

■お問合せ・FAXお申し込みは 農文協・中国四国支部まで
E-MAIL:mikami-t@mail.ruralnet.or.jp
FAX:086-232-0385

★お申し込み締め切り 3月10日

 

【広告】地方紙連合2/20-

■農文協の新刊
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

法人化塾 改訂第2版

増補版 図解 よもぎ健康法

現代農業 2022年3月号

 

掲載予定日

■2月20日
北海道新聞
西日本新聞
河北新報
静岡新聞
信濃毎日新聞
京都新聞
神戸新聞
中国新聞
中日新聞
東京新聞

■2月21日
新潟日報
山陽新聞

■2月25日
東奥日報
秋田魁新報
岩手日報
山形新聞
福島民報
北日本新聞
北国新聞
福井新聞
山陰中央新報
愛媛新聞
高知新聞
徳島新聞
大分合同
宮崎日日
南日本新聞

■2月28日
熊本日日新聞