【イベント】「著者が教える スプレーマム育て方教室」

スプレーマム育て方教室

日本の小ギクがヨーロッパに渡り、品種改良されて華やかな姿になりました。
そんなスプレーマムは、意外と簡単に育てられます。たとえばパンジーを育て
られるならば、間違いなく花を咲かせることができます。
日持ちが良いから、切り花として長く飾っておけるスプレーマムは、これからが苗を育て、秋に花を咲かせる適期に。
増やしたり、オリジナル品種も作れるので、ますます世界が広がります。
何をしたらいいの?という方々のために、菊づくりの本の著者、上村遙氏が丁寧に教えてくださいます。ぜひお集まりください!

■日時:5月10日(金)19:00~20:00
■会場:農文協・農業書センター(神保町A6出口 サンドラッグ3F)
東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3F
■講師:上村遙氏(園芸研究家)
■参加費:無料
■定員:30名
■特典:参加者にはスプレーマムの苗プレゼント
■お申込み:農業書センターへ電話でお申込みください(TEL:03-6261-4760)

詳細はチラシ(PDF)で

【イベント】徳島吉野川市で「石積み」の講演会

石積み学校 真田純子さん講演会「石積みの価値とこれから」

高開で石積みを学び、石積み技術を継承するための研究や活動をされている真田純子さんに石積みの活動を始めたきっかけや石積みの価値についてのお話を伺います。

■日時:2019年5月17日(金) 17時~18時:講演
18時~19時:自由なお話会

■場所:美郷ほたる館(徳島県吉野川市美郷宗田82)

■参加費・お申込 無料・事前申込不要

主催:美郷ほたる館 共催:石積み学校 後援:農山漁村文化協会

【問合せ先】E-mail:ishizumischool@gmail.com
TEL 090-7100-6638
(Facebook) https://www.facebook.com/ishizumischool

 

 

 

第1回 東海北陸近畿エリア合同 現代農業読者のつどいin大阪のご案内

現代農業をはじめ、いつも当会の出版物をご愛読いただき、誠にありがとうございます。来る3月2日(土)に初めての東海北陸近畿エリア合同 現代農業読者のつどいを開催いたします。
今回は、現代農業でおなじみの鳥獣被害対策の第一人者である井上雅央さんをお招きし、地域で取り組む対策についてみなさんと一緒に考えたいと思います。ご家族、お知り合いの方とお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

  • 日時 2019年3月2日(土) 13時~17時
  • 会場 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
    5階特別会議室
    〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号
    アクセス
    *京阪「天満橋」駅下車。東口方面の改札から地下通路を通って1番出口より東へ約350m。
    *地下鉄谷町線「天満橋」駅下車。1番出口より東へ約350m。
    *JR東西線「大阪城北詰」駅下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。
    ※ご来場の際は、出来る限り公共交通機関をご利用いただきますようお願いいたします。
  • 定員100名 参加費無料(事前申込み・先着順)

プログラム
13:00 受付開始
13:30~14:30 井上雅央さん講演
14:30~15:30 鳥獣被害対策よろず相談室15:50~16:30 参加者交流会
参加者自慢の農作物・加工品持ち寄り大歓迎!

交流会では参加者のみなさんや井上雅央さん、農文協職員が自由に話せる場にする予定です。
鳥獣被害対策の工夫や自作グッズ、鳥獣資源の利活用の工夫、農産物や加工品など、自慢の一品をぜひお持ち寄りいただきご紹介ください!(ブースを設けて展示いたします)

詳細・申込は 以下PDFで
●集いチラシ

 

 

【イベント】「奇跡の集落」のリアル-人口減少社会への提案

農文協刊「奇跡の集落-廃村寸前「限界集落」からの再生 」の著者多田朋孔(ただともよし)さんの スライド&講演会が農文協・農業書センターで開かれます。

■日時:2019年2月5日 19:00-20:00
■場所:農文協・農業書センター(〒101-0051東京都千代田区神田神保町2-15-2第1冨士ビル3階 TEL03-6261-4760 FAX03-6261-4761)
■入場無料・予約不要

 

 

 

 

 

 

新潟県十日町市の池谷集落は1960年には37世帯211人が暮らしていたが、高度経済成長のなかで急激に人口が減少、さらに中越地震によって6世帯13名となり、誰もが廃村を覚悟した。しかし、震災ボランティアとの交流などを通じて若い移住者が徐々に増え、11世帯23名まで盛り返し、「限界集落」から脱却した。いまでは「奇跡の集落」「『関係人口』のお手本」(『ソトコト』編集長指出一正さん)と呼ばれるようになり、全国の過疎自治体の職員や住民の視察が絶えない池谷集落でなぜ「奇跡」がおきたのか、元地域おこし協力隊で池谷集落へ家族で移住した「奇跡の集落」の著者・多田朋孔さんがリアルに語る。
入場無料・予約不要です。ぜひご来場ください。

多田朋孔(ただ・ともよし)
1978年大阪生まれ。第44代京都大学応援団長。京都大学卒業後、コンサルティング会社に勤める。2010年より総務省の地域おこし協力隊(1期)として新潟県十日町市池谷集落に家族で移住。3年間の任期終了後、池谷集落に定住し、米、野菜、鶏卵を生産しながら地域おこしの取り組みを継続中。総務省地域力創造アドバイザー、地域サポート人アドバイザー。

「奇跡の集落」(農文協)詳細はこちら。「奇跡の集落」