【受賞】戸門秀雄さんが第24回日本水大賞受賞で表彰されました。

■『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の取材による「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」で審査部会特別賞を受賞されました。

日本水大賞については下記
■第24回日本水大賞の各賞を決定~水循環の健全化に貢献する様々な活動から特に優れたものを表彰~

写真は6月14日 第24回日本水大賞の表彰式・受賞活動発表会会場にて(於・日本科学未来館)

■審査部会委員 山田正先生(中央大学研究開発機構教授)の講評(要旨)

私の経験に絡めてお話をさせていただきたい。私は河川工学が専門だが、大学で教わったやり方で数式ばかり扱っていても、ちっとも川のことはわからなかった。もっと川のことを理解したくて生物学も勉強したが、まだわからない。それで宮本常一の著作も読んだりしていたが、あるとき戸門さんの『職漁師伝』という本を読んで、川の源流にこんなふうに生きた人たちがいたのかと衝撃を受けた。川のヒューマンな部分に触れられた気がした。魚野川流域の記録もそうだが、戸門さんはそれまで誰も知りえなかった川に生きる人間の生きざまを描いて、私たちに伝えてくれた。審査部会特別賞に値する稀有な仕事。息子さんも文章を書かれている。今後のご活躍にも期待したい。

■戸門秀雄さんの著書
『職漁師伝 渓流に生きた最後の名人たち』

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』

 

 

 

 

 

 

 

 

*テレビのニュースや新聞では、秋篠宮さまのご臨席(3年ぶり)とペシャワール会の大賞受賞などが報じられました。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000257993.html

【著者】『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

戸門秀雄さんが 公益社団法人 日本河川協会の第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

 

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の著者、戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞されました。

「第24回日本水大賞」 ・「2022日本ストックホルム青少年水大賞」受賞者
受賞活動名は「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」(=『川漁』)おめでとうございます!

45年間にわたり魚野川に通い、さまざまな魚の漁法や漁具、食べ方、川にまつわる伝承などをノートに書き留め、本にまとめた功績が認められました。
なお、大賞はペシャワール会のアフガン・「緑の大地計画」です(『季刊地域』41号、42号の中村哲さん追悼企画参照)。

日本水大賞は1998年に創設され、水循環の健全化に貢献するさまざまな活動の中から特に優れたものを表彰してきた賞です。

表彰式・受賞活動発表会は6月14日、日本科学未来館で開催され、3年ぶりに秋篠宮皇嗣殿下もご出席の予定。

■郷土料理 ともん

【イベント】内山節さんオンライン講演会

 

 

 

 

■新刊『内山節と語る未来社会のデザイン』全3巻の出版記念講演

演題:「森と人との関わりから考える未来社会のデザイン」

日時:2021年5月23日(日)14:00開始 15:30終了予定

参加費(参考):森づくりフォーラム会員:無料/一般:1,000円/学生:500円

主催:NPO法人森づくりフォーラム/協力:農文協

詳細 https://moridukuri210523.peatix.com/view

・森林・里山保全に興味のある方
・地域活性化や移住・田舎暮らしに興味のある方
・SDGs、ESGに関わる方・興味のある方
・気候変動問題に関心のある方 へ

経済・社会のシステムが変化し続けている現代という時代に、
相次ぐ自然災害、温暖化・気候変動、コロナウイルス禍など
の経験を経た今、私たちは森林・自然とともに共存し続けるために
どのような社会を構想していけばよいでしょうか。

自然と人間の関係、労働や共同体をめぐる独自の思想を
構築してきた哲学者であり、森づくりフォーラム代表理事の
内山節に「未来社会のデザイン」について
大いに語っていただきたいと思います。

【関連書】
内山節と語る 未来社会のデザイン 全3巻
内山節著作集 全15巻セット

【イベント】「著者が教える スプレーマム育て方教室」

スプレーマム育て方教室

日本の小ギクがヨーロッパに渡り、品種改良されて華やかな姿になりました。
そんなスプレーマムは、意外と簡単に育てられます。たとえばパンジーを育て
られるならば、間違いなく花を咲かせることができます。
日持ちが良いから、切り花として長く飾っておけるスプレーマムは、これからが苗を育て、秋に花を咲かせる適期に。
増やしたり、オリジナル品種も作れるので、ますます世界が広がります。
何をしたらいいの?という方々のために、菊づくりの本の著者、上村遙氏が丁寧に教えてくださいます。ぜひお集まりください!

■日時:5月10日(金)19:00~20:00
■会場:農文協・農業書センター(神保町A6出口 サンドラッグ3F)
東京都千代田区神田神保町2-15-2 第1冨士ビル3F
■講師:上村遙氏(園芸研究家)
■参加費:無料
■定員:30名
■特典:参加者にはスプレーマムの苗プレゼント
■お申込み:農業書センターへ電話でお申込みください(TEL:03-6261-4760)

詳細はチラシ(PDF)で

【イベント】徳島吉野川市で「石積み」の講演会

石積み学校 真田純子さん講演会「石積みの価値とこれから」

高開で石積みを学び、石積み技術を継承するための研究や活動をされている真田純子さんに石積みの活動を始めたきっかけや石積みの価値についてのお話を伺います。

■日時:2019年5月17日(金) 17時~18時:講演
18時~19時:自由なお話会

■場所:美郷ほたる館(徳島県吉野川市美郷宗田82)

■参加費・お申込 無料・事前申込不要

主催:美郷ほたる館 共催:石積み学校 後援:農山漁村文化協会

【問合せ先】E-mail:ishizumischool@gmail.com
TEL 090-7100-6638
(Facebook) https://www.facebook.com/ishizumischool