【セメント入りの土のうで土留めをする方法】現代農業2008年11月号より

このたびの豪雨災害により、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられました地域の皆様にお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

■現代農業バックナンバー記事より。 お役立て下さい。

編集部あて、広島の農家さんから電話がありました。

「7~8年前に、土のうにセメントと砂利を詰めて」土留めにするという記事があったはずだが、何月号だったか、という問い合わせがありました。ご本人は、家の建物に被害はありませんでしたが、ミカンの畑の土手が崩れ、樹が流されたとのこと。放っておくと、また雨が降ればどんどん土が流れ出して下の家にも迷惑をかけるので、『現代農業』の記事にあった方法で土手を補修したいとのことでした。

セメント入りの土のうで土留めをする方法は、東南アジアのほうでやっているのをテレビで見たりしたことがあったそうで、『現代農業』の記事も印象に残っていたようです。土のう袋に詰めるセメントと砂と砂利の割合が一番知りたかったことだそうです。

その記事を下記に公開します。
現代農業2008年11月号掲載の記事で、また、農文協DVD「農地・水・環境保全向上対策」支援シリーズ No.4にも収録している、
秋田県湯沢市の「萬古清風」という活動組織が実践していたやり方です。(下記写真をクリックしていただくとPDFが開きます。5-6ページです)

 

 

 

 

 

 

 

■ただいま発売中の現代農業2018年8月号の特集は
「台風・豪雨、猛暑に立ち向かう」です。
こちらもあわせてお役立て下さい。

【受賞】浅井元朗先生、平成30年度日本雑草学会賞(技術賞)を受賞!

浅井元朗先生(農研機構 東北農業研究センター)が、本書を含む図鑑業績が認められ、平成30年度日本雑草学会賞(技術賞)を受賞されました。 おめでとうございます。
http://wssj.jp/about/award.html

■受賞理由:雑草写真図鑑の編纂などによる雑草の早期識別技術の普及

浅井先生の最近の著作は以下の通り

『原色 雑草診断・防除事典』(農文協
『植調 雑草大鑑』(全国農村教育協会)
『身近な雑草の芽生えハンドブック』(文一総合出版)
『身近な雑草の芽生えハンドブック2』(文一総合出版)

 

【イベント】地域人』35号/特集・新しい水俣をつくる/発売記念トークイベント

『地域人』35号/特集・新しい水俣をつくる/発売記念トークイベント―故郷・水俣 その新たなまちづくりを語る―

●講 師:森枝卓士(熊本県水俣市出身、ジャーナリスト。大正大学客員教授)
●聞き手:渡邊直樹「地域人」編集長
●日 時:7月12日(木)19時~20時
●会 場:農文協・農業書センター
●参加費:無料(申込不要)
●主 催:「地域人」大正大学出版会

水俣は日本の縮図である(吉本哲郎)。
水が豊かで山の幸・海の幸に恵まれた水俣には古くから豊かな暮らしがあった。明治になり日本の近代化と足並みをそろえ、化学工業のチッソを中心とした工業都市として栄えた。しかし、そのチッソの排水が産業公害病を引き起こし、水俣の人々は病はもちろん、地域でも分断され苦しむことになる。
苦難の中から水俣は全国初の「環境首都」として新たにまちづくりを進めている。水俣の豊かな風土と精神世界と患者さんたちの苦悩とが一体となった文学世界を表現してきた石牟礼道子さんは今年2月に逝去された。その石牟礼さんも望んだ新しい水俣づくりに取り組む人びとの姿から学ぶことは多い。
そしてそれは福島など今の問題を考えるヒントでもあるはずだ。
水俣出身のフォトジャーナリスト森枝卓士氏が語る。

皆様のご参加をお待ちしております。

【著者イベント】「インパクトドライバー木工」出版記念講演in男木島

■大内正伸さん「インパクトドライバー木工」出版記念講演in男木島

日時:2018年7月15日-16日
場所:香川県高松市男木島

農文協から「囲炉裏暖炉」のある家づくり囲炉裏と薪火暮らしの本、
「植えない」森づくり  、山で暮らす 愉しみと基本の技術
などを出されている大内正伸さんの新著、出版記念講演会です。
===============================『国産材でつくる インパクトドライバー木工』出版を記念して7/15男木島で講演会(実技講習付き)を行います。お泊まりメニューとして夜は出版記念パーティ、翌日島の散策と海水浴もあります。(日帰りコースとお泊りコースあり)

♬ 詳しくは下のチラシで(クリックで拡大します)。お申し込みはお早めに。(大内さんのブログより転載)
■申し込みフォームはこちら>https://form.os7.biz/f/15c4a5c0/