この夏、新しい雑誌が誕生。はたけ大好きなこどもとおとなへ…『のらのら』。

隔月刊『食農教育』が新しく生まれ変わります!(新装刊『のらのら』準備号発売!)

syokunou81L

●まんが雑誌やお勉強雑誌でもない。農業が大好きなこどもたちが親や祖父母といっしょに読める、「こども版・現代農業」です。
●「農とかかわりたい!」「野良にでたい!」、作物に愛情を注ぎ、その成長に一喜一憂し、収穫をよろこび、四季の恵みを味わう。こんなこどもやおとなをとことん応援。
それが『のらのら』です。

7月12日発売・夏号の特集は、「こども農業はじめよう」。全国各地の農産物直売所でお手伝いをしたり、自ら栽培した野菜を販売している、農業大好きな少年(「のらぼーず」)や少女(「のらガール」)が続々と登場します。こどもたち自慢の野菜やアイデア商品が紹介されたり、詳しいそだて方が解説されたりと、こども目線での園芸情報が満載です。

◆特集記事から…
おすすめは、一㎡の畑でできるベビーリーフづくり。必要なものは、鶏糞と硫安、鍬とレーキ。こどもでも買える安い資材や簡単な道具を使っての、耕し方、ウネの立て方、タネのまき方(スジまき・バラまき、それぞれのメリット、デメリット)などが、ていねいに紹介されています。一袋一二〇円のサラダセットにして、こづかい稼ぎ。成長の速い温かい時期なら、たった一㎡で月三〇〇〇円をねらえます!
教えてくれたのは、現在20歳の「元・のらぼーず」、水上拓也さん。現在、四つの直売所で野菜を販売する農家ですが、幼稚園のころから野菜を植えはじめ、小学四〜六年では、自宅前の田んぼ一aを開墾。まさに、生粋の「のらぼーず」ですね。

ほかにも、
◆しいの実やむかご、銀杏など、ただのものを集めて月2万円稼ぐ高校生。
◆レジ係や出荷補助、駐車場の案内係など、小学生から高校生までが活躍する直売所も登場。
祖父母世代だけでなく、孫が元気にお手伝いする〈にぎやか直売所〉が、地域の未来も明るくします。塾や習いごと、TVゲームに忙しいいまどきのこどもたちですが、きっかけひとつで「のら好き」になる。
『のらのら』は、直売所や地域社会の新しい姿を提案する雑誌なのです。

連載記事として
◆機械コーナー(管理機まるわかり!)
◆野菜づくりコーナー(とびきり大きなダイコンのそだて方)
◆食べものコーナー(松葉、メロン、クワの葉……で、天然サイダーづくり)
◆自然あそびコーナー(カニカゴでナマズをとる、食べる)も。
あなたもきっと本気で「のら」に挑みたくなるはずです!

「ノラ(野良)」とは、田畑や川、沼を含む生産空間を指す言葉。「のら」をフィールドにして、「家族の手伝いをする」「身近な自然であそびを工夫する」「自らこづかいを稼ぐ」といった〈昔のこども〉が当たり前にもっていた「生活し、生産する力」を、現代のこどもたちにはぐくむ雑誌。

『のらのら』にどうぞご期待ください!

*『のらのら』は、雑誌『食農教育』(隔月刊)がリニューアル、年4回発行の季刊になりました。
発売月は、4月、7月、10月、1月。5日発売です。

鎌倉文学館で特別展「かこさとしの世界」が開催されます。

kako1S 鎌倉文学館で特別展「かこさとしの世界 おはなし・かがく・あそび」がはじまります。

絵本「だるまちゃん」シリーズや科学絵本、あそびの本など、はばひろい作品で愛され、さらに85歳の今年は新作「万里の長城」で国際アンデルセン賞画家賞の日本代表にもノミネートされている、かこ先生の世界をおたのしみください。

■2011年7月16日(土)―9月25日(日)

9:00-17:00 月曜休館・(7/18,9/19は開館)

■鎌倉文学館 鎌倉市長谷1-5-3 TEL0467-23-3911

■江ノ電「由比ガ浜駅」徒歩7分、「長谷駅」徒歩10分

農文協からでている「あそびの大惑星」シリーズほかの絵本も展示、販売されています。お子様と一緒にお出かけになってはいかがでしょうか?

詳しくは こちら をご覧ください。

速報:TIBF東京国際ブックフェア開催中です。

ただいま

東京ビッグサイトにて

開催中!

himawari02

ひまわりの花がお出迎え。

農文協も出品しています東京国際ブックフェア。

riacar02

今年の農文協ブースは震災・原発被災地復興支援

【自然とつながる 地域とつながる「ゆるがぬ暮らし」へ種をまく】をテーマに展示販売しています。

被災地支援・復興に役立つ本のコーナー、さらに被災地より物品を取り寄せての復興支援直売リヤカー市も開催。

madei01ヒマワリの種、エゴマの種、ナタネの種もプレゼント中!

また、一般書店では手に入らない本も、今回特別販売。

日本一美しい村を目指していた飯舘村の本

「までいの力」も販売しています。(大手町農業書センター協力)

fukkou01農文協では復興支援リヤカー市、また書籍の売上の一部もチャリティとさせていただきます。

ぜひ、東京ビックサイトにご来場くださいませ。

農文協ブースは

自然科学書フェア 2-15 です。

===============================

今年も開催中! 第18回東京国際ブックフェア2011

会期:2011年 7月7日(木)〜7月10日(日)  <4日間> 10:00〜18:00
会場:東京ビッグサイト(東京都江東区有明) 開催案内はこちら

===============================

 「株式会社 農文協プロダクション」誕生 ごあいさつ

「株式会社 農文協プロダクション」誕生

社名を変更いたしました

謹啓

「株式会社 新制作社」は、平成23年7月1日をもって「株式会社 農文協プロダクション」に社名を変更いたしました。

1975年(昭和50年)10月に「日本の農家とともに歩み 出版活動を通して文化運動を進める・農文協」の製作部門として発足した当社ですが、創立36年目を迎えるにあたり「農を礎にした確かな仕事、新たなデザイン創造」を合い言葉に、広くクライアントの様々な付託に応えられるクリエイティブ集団を目指します。下記のような企業理念を掲げ、社員一同新たな決意をもって鋭意努力してまいる所存ですので、今後も倍旧のご愛顧を賜りますようよろしくお願いいたします。

敬具

平成23年7月1日

〒107-0052  東京都港区赤坂7-5-17

株式会社 農文協プロダクション

代表取締役 鈴木敏夫

企業理念

1.農と食に関するメディアの企画・編集・制作のプロとして、責任を持って情報発信の一翼を担います。そのために、スタッフ一人ひとりが日々努力を怠らず己れの実務能力を向上させます。

2.日本の農業・農村や農家の風土に根ざした底力を糧に、紙(出版)・映像・電子(Web)・イベントと四位一体となった媒体を駆使し、クリエイティビティにあふれた情報革命のフロンティアを切り拓きます。

3.関係する人たちとのコミュニケーションを欠かさず、その繋がりを大切にいたします。そのために、スタッフ一人ひとりが各自の業務に責任とやり甲斐を見いだし、業務の中で自己形成をはかってまいります。

4.我々も社会を構成する一員であることを自覚し、地域コミュニティ形成に貢献することを誓います。

2011年7月1日 (株)農文協プロダクション

URL:http://www.nbkpro.jp/