【第3回地域力フォーラム開催のお知らせ】

このたびの大震災は、東日本太平洋沿岸の市町村に住む人たちの暮らしの根拠をすべて奪い去りました。そのうえ原発事故は、繁栄をもたらす高度なテクノロジーには危険が伴うものであることを改めて私たちに突きつけました。

第1回、第2回の「地域力フォーラム」においては、現代の日本の閉塞感を打開する鍵を”地域力”に求めた議論を展開しました。第3回となる今回は、大震災からの復興を念頭において、私たちが築いてきた社会はどこで間違っていたのか、エネルギーを無限に費やして成長する社会に潜む脆弱性とは何か、日本人が祈り続けてきた”無事”な暮らしの復権はできるのか、次世代に安心な社会をバトンタッチするために私たちが負う責任とは何かなど、暮らしの原点を問い直すためのフォーラムを開催したいと思います。皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

■日 時       2011年611日(土) 14:0018:00(開場13:30)
■会 場       文京区民センター2階 2-A会議室(東京都文京区本郷4-15-14)
                               最寄駅:地下鉄都営三田線・大江戸線春日駅 徒歩3分
■定 員       先着250人(※要事前申込み)

■参加費       一般2000円、学生500円                     (※懇親会費は別途、一般2000円、学生1000円)
■内 容

14:10〜       基調講演 「暮らしの原点を問いなおす」  哲学者・内山節
14:50〜       第1部「被災地は今」
                            岩手県住田町長 多田欣一
                            福島県飯舘村・農家民宿「どうげ」 佐野ハツノ
                            コーディネーター:農文協「季刊地域」編集長 甲斐良治
15:50〜       第2部「都市と地方の関係」
                            宇都宮大学農学部教授 守友裕一
                            山形県金山町・暮らし考房 栗田和則
                            岡山県・NPO法人かさおか島づくり海社 守屋基範
                            コーディネーター:哲学者 内山節
17:10〜       第3部「これからの暮らしへ」
                            群馬県片品村・片品生活塾 桐山三智子
                            新潟県・(財)山の暮らし再生機構 杉崎康太
                            北海道・NPO法人ねおす 齋藤学
                            コーディネーター:NPO法人エコプラス事務局長 大前純一
18:30〜20:30      懇親会(東北地方のお酒等を提供予定・持ち込み歓迎)
■主 催       農文協、かがり火発行委員会、三人委員会哲学塾、エコプラス
■お問合わせ先    (社)農山漁村文化協会「季刊地域」・全集グループ
               〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1 TEL: 03-3585-1145  FAX: 03-3585-6466詳細・申し込み用紙はこちらです。(PDF)

シンポジウム『「食」と「農」が恊働する教育への期待』開催

「食」と「農」が恊働する教育への期待

平成23513日(金)13:1517:00

会場 日本学術会議講堂(東京都六本木 7-22-34、千代田線「乃木坂」駅5出口)

主催 全国大学附属農場協議会、日本学術会議農学委員会農学分科会

後援 農林水産省

◆全国大学附属農場協議会に加盟する大学附属農場等では、「農」に関わる教育活動を展開している。また、日本学術会議農学委員会農学分科会に集う研究者は「食育」にも積極的に関わっている。さらに、災害復興時における「食」と「農」に関する教育は平常時以上に重要である。

本シンポジウムでは、『「食」と「農」が恊働する教育への期待』をテーマに、日本の食育の現状と今後、そして大学における「食」と「農」の教育の取り組みについて紹介するとともに、農学系大学が果たすべき役割について多くの方々とともに考えたい。

=プログラム=====================

13:15-13:20 開会の挨拶

大杉立(東京大学大学院・教授、日本学術会議連携会員)

文部科学省・専門教育課

=講演 =====================

13:20-13:40 我が国の食生活の現状と食育の推進について

井内雅明(農林水産省・消費者情報官)

13:40-14:00 大学附属農場の食育の現状と教育関係共同利用拠点大学に認定されて

居城幸夫(宇都宮大学・教授・全国大学附属農場協議会副会長:食育担当)

14:00-14:20 酪農教育拠点(広島大学)による命の尊厳を涵養する食農フィールド教育

谷口幸三(広島大学・教授)

14:20-14:40 人間総合科学大学の「食」の教育が「農」に出会った時(仮題)

桑田有(人間総合科学大学・教授)

14:50-15:10 家庭科教員養成における食生産実習の意義ー 全国共同利用拠点農場の活用効果

井元りえ(女子栄養大学・教授)

15:10-15:40 東京農業大学における「食」と「農」の協働教育(仮題)

夏秋啓子(東京農業大学教授・日本学術会議連携会員)

15:40-16:00 食育事業の事務局からみた大学や大学附属農場に期待する役割

鈴木敏夫((社)農山漁村文化協会)

16:00-16:20 パネルディスカッション

司会 長尾慶和(宇都宮大学・教授)

16:30-17:00 閉会の挨拶

中司敬 (九州大学大学院・教授・全国大学附属農場協議会・会長)

(以上パネラー等は予定です。)

参加費無料!直接参加可ですが事前に申し込みが必要です。

問い合わせ先 全国大学附属農場協議会 食育プロジェクト担当幹事

西脇 亜也(宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センター)〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1

Tel 0985-58-7789  代表:58-7154  Fax: 58-7157 E-mail: nishiwaki@cc.miyazaki-u.ac.jp

ポスター(PDF)

「木の家リフォームを勉強する本」出版記念イベントのお知らせ

「木の家リフォームを勉強する本」出版記念イベントのご案内

ZASSI54010196

「木の家リフォームを勉強する本」出版記念セミナーが、1月21日(金)午後 行われることになりました。
トークセッションと、懇親会の2本立てです。
会場は 東京の早稲田大学戸山キャンパス近くの早稲田奉仕園のスコットホールという文化財級の建物です。

皆様のご参加をお待ちしております。

日  時/2011年1月21日(金)
16:00〜20:00(開場・受付15:00〜)
場  所/早稲田奉仕園 スコットホール
(Part 2 懇親会も同施設内にて)
(東京都新宿区西早稲田2-3-1)

対 象 者/建築関係者、その他誰でも参加できます
募集人員/150名程度(先着順 Part 2 懇親会は50名程度)
参 加 費/Part1のみ、  1,000円
Part1〜2全て、7,000円(飲食代6,000円含む)

申込締切/2010年1月17日(月)

お申し込みはこちらより(PDF)

緊急出版:農文協ブックレット「TPP反対の大義」が置いてある書店です。

農文協ブックレット「TPP反対の大義」、注文殺到で只今増刷中です。

54010284

取次(問屋)様からいただいた、比較的多めに配本してある書店を一覧にいたしました。

一覧TPP配本店(エクセルファイル)

お急ぎの方は各書店様へお問い合わせください。

尚、増刷は14日出来予定です。

テキストまとめのご採用などは、お電話でお問い合わせください。

◆農文協・普及局「TPPまとめ注文」係り 03-3585-1143

品切れでご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。

「根井哲学講座」ホームページが出来ました。

現代社会の行き詰まり打破のための哲学書を数多く当会から出してきた、

根井康之さんのホームページができました。

著作の紹介のほか、

2007年に刊行した『創造的生命の形而上学』以降に執筆した新しい論文も紹介されています

ぜひ一度、こちらからご覧ください。

15sozoteki

創造的生命の形而上学(2007年6月刊)より

近代科学技術文明は、自然生態環境・人間・社会文化環境の間に深刻な対立・相剋を生み出し、

生物の一つの種である人間を死滅の危機に直面させる、 という事態を惹き起こした。

この危機を克服し、近代科学技術文明を根本的に転換させた新しい文明を創出することが、

全人類的課題となっている。この文明の 根本的転換は、全人類・一人ひとりの個人の全人格的変革と

一体的なものとしてしか実現することはできない。

そのためには、近代科学技術文明を支え、諸個人の生を制御してきた――啓蒙主義的・合理主義的な知を根本的に転換させた、新しい知の形成が必要となる。『創造的生命の形而上学』は、この要請に応えるべく執筆されたものである…

根井康之さんの本のご注文は、「田舎の本屋さん」をご利用くださいませ。