【広告】朝日新聞4/18掲載

食べものがたりのすすめ(かんがえるタネ)
「食べものがたり」は誰もが生まれた時から持っている、食べものにまつわる物語のこと。日々経験する「食べること」「出すこと」から広がる探究学習の実際を、10を超える実践例から紹介します。

 

東京ミルクものがたり東京酪農乳業 史跡を巡るガイドブック
日本のミルク文化の扉を開いたのは東京だった。ミルク文化を巡る歴史物語と史跡ガイド。

ダルマガエル 生態を知って農業で守る
希少なカエルを営農や農村生態工学に基づく工夫で守る。 最新の生態研究をわかりやすく掲載。

【広告】朝日新聞1月3日掲載

■全集 伝え継ぐ日本の家庭料理 全16巻 完結!

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理 全16巻
日本調理科学会 企画・編集
農山漁村文化協会・発売

 

 

 

●日本各地で昭和35~45年の食生活を聞き書きして選ばれた料理で、家庭でつくれるレシピを再現・撮影して収録しました。。(各巻平均90品、全巻1400超のレシピ)

●料理のいわれ、地域の歴史や風土など、聞き書きしたお年寄りの話も掲載!
読みものとしてもおもしろく、テーマごとに全国を俯瞰して料理の比較ができます。
【巻構成】

「炊きこみご飯・おにぎり」
「どんぶり・雑炊・おこわ」
「すし ちらしずし・巻きずし・押しずしなど」
「そば・うどん・粉もの」
「汁もの」
「魚のおかず いわし・さばなど」
「魚のおかず 地魚・貝・川魚など」
「肉・豆腐・麩のおかず」
「野菜のおかず 春から夏」
「野菜のおかず 秋から冬」
「いも・豆・海藻のおかず」
「米のおやつともち」
「小麦・いも・豆のおやつ」
「漬物・佃煮・なめ味噌」
「年取りと正月の料理」
「四季の行事食」