【広告】地方紙連合 12/20~

■農文協の新刊2種類
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」へ

豆くう人々 世界の豆探訪記

種まきびとの ちくちくしごと

モモ・スモモ大事典

ブドウ大事典

現代農業 2022年1月号

農家が教える 酢とことん活用読本(別冊現代農業2022年1月号)

【広告掲載日】

■豆くう人々・ちくちくしごと
●20日掲載
北海道新聞
西日本新聞
河北新報
福島民友
静岡新聞
山梨日日新聞
新潟日報
京都新聞
神戸新聞
中国新聞
中日新聞
東京新聞

●24日掲載
熊本日日新聞

●25日掲載
北国新聞
愛媛新聞
南日本新聞
東奥日報
秋田魁新報
岩手日報
山形新聞
北日本新聞
福井新聞
山陰中央新報
高知新聞
徳島新聞
大分合同
宮崎日日

■モモ・スモモ大事典
●20日掲載
山陽新聞
信濃毎日新聞

●25日掲載
福島民友
福島民報
山梨日日新聞

【広告】日本農業新聞12/16掲載

■農文協のDVDブック特集
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

 

DVDブック トラクタ名人になる!
DVDブック 代かき名人になる!
DVDブック ヒモ&ロープの結び方
DVDブック 最高!薪&ロケットストーブ
DVDブック モミガラを使いこなす
DVDブック 竹 徹底活用術
DVDブック 炭をやく 炭を使う
DVDブック これなら獲れる!ワナのしくみと仕掛け方
DVDブック 飼うぞ 殖やすぞ ミツバチ
DVDブック なるほど便利 手づくり農機具アイデア集

 

 

【広告】熊本日日新聞 11/30掲載

■農文協の新刊『流域治水がひらく川と人との関係』と関連書

流域治水がひらく川と人との関係-2020年球磨川水害の経験に学ぶ

洪水と水害をとらえなおす

現代農業 2021年12月号

農家が教える 農家の土木

 

■【新刊】流域治水がひらく川と人との関係 について
2020年7月4日九州で球磨川水害が発生し、50名もの方が亡くなった。この人たちはなぜ・どのようにして亡くなったのか。研究者と被災者たちによる共同調査から明らかにする。また2021年4月流域治水関連法が成立。国の治水方針の大転換であるが、本書は流域治水の歴史と意義、その可能性について詳述している。亡くなられた一人ひとりに目を向けた、それも被災当事者を交えた調査のとりまとめとしても、流域治水の総合的な解説書としてもはじめてのもの。2020年球磨川水害の経験に学び、気候危機の時代に求められる流域治水を展望する。
【編著者】
嘉田由紀子(かだゆきこ)1950年埼玉県生まれ。農学博士。専門は環境社会学。前滋賀県知事、現参議院議員。著書『水と人の環境史』(共著、御茶の水書房)、『生活世界の環境学』(農文協)、『水辺遊びの生態学』(共著、農文協)、『水辺ぐらしの環境学』(昭和堂)、『環境社会学』(岩波書店)ほか多数。