「日本めん食文化の1300年」が第1回辻静雄食文化賞受賞

奥村彪生著「日本めん食文化の1300年」が「第1回辻静雄食文化賞」を受賞いたしました。

詳細は次のとおり

========================================

「第1回辻静雄食文化賞」受賞者発表

========================================

本年度より創設された辻静雄食文化賞の「第1回 受賞作」として、食文化に関わる書籍と、個人・団体の活動のふたつが同時受賞されました。

『日本めん食文化の1300年』(奥村彪生・著/農文協・刊)
(日本の「めん食文化」を初めて網羅的に眺望できる力作。意欲的な文献探索と徹底したフィールドワークによる画期的な著作に対して)

奥田政行+山形在来作物研究会の活動に対して
(地域におけるレストランと研究機関との連携による、地域の食文化の向上に貢献した活動に対して)

========================================
●本賞の趣旨・目的・授賞対象
辻調グループ校 創設者の辻静雄(1933〜1993)の食文化普及の活動を記念して、毎年1 回、我が国の食文化の幅広い領域の活動に注目し、より良い「食」を目指して目覚ましい活躍と、新しい世界を築き上げた作品、もしくは個人・団体の活動を対象に選考し、決定。
選考方法は、まず全国の報道機関、「食」に関心と見識をお持ちの方々にアンケートを出し(本年1月に送付)、候補作品を推薦いただきました。そして、去る4月7日、都内において「第1回 辻静雄食文化賞選考委員会」を開催。上記の二作品・活動に賞を贈ることを全会一致で決定しました。

選考委員会:委員長・石毛直道(国立民族学博物館名誉教授)/鹿島茂(明治大学教授)、阿川佐和子(作家)、福田和也(慶應義塾大学教授)、西山嘉樹(文藝春秋・ライツ管理部部長)
辻芳樹(辻調グループ代表 辻調理師専門学校理事長・校長)、山内秀文(辻静雄料理教育研究所長)

========================================

●贈賞式 2010年5月8日(土) 大阪あべの辻調理師専門学校・本館にて。
●主 催 辻静雄食文化賞選定委員会(辻静雄料理教育研究所 内) 委員長 辻芳樹
〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町3-16-11
●後 援 学校法人・辻料理学館 辻調理師専門学校  事務局:辻静雄料理教育研究所