2009年度食育コンクール 審査結果発表!

当会が事務局になっている「2009年度・地域に根ざした食育コンクール」の受賞団体が決まりました。
受賞団体の表彰式&受賞活動発表会は以下のスケジュールで行われます。

栄えある受賞団体は
【最優秀賞 農林水産大臣賞】

「くまおに」「くまべん」「ひご野菜」 〜弁当づくりと伝統野菜が伝える地元農産物の魅力とこころ〜
―熊本県立熊本農業高等学校【地場産物活用分野】 熊本県熊本市

【優秀賞 農林水産省 消費・安全局長賞】

「ゆっくり食育・やっぱり食育」から、食育の元祖「村井弦斎」へ 〜再現した弦斎レシピが学校給食に〜
―神奈川県立平塚農業高校食品科学研究班【食生活向上分野】 神奈川県平塚市

大地の恵み “福浦 食の楽校” 〜子どもに育つ郷土愛・深まる世代間交流〜
―南相馬市立福浦小学校【食農体験学習分野】 福島県南相馬市

「日野産大豆プロジェクト」 〜日野産大豆を学校給食に!〜
―日野産大豆プロジェクト【地場産物活用分野】 東京都日野市

ほか受賞の詳細はこちら

表彰式&受賞活動発表会について

■地域に根ざした食育コンクール:趣旨
「食育」とは、食料の生産から消費にいたるまでの「さまざまな体験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる」こと(食育基本法・前文)。 いま「食育」は、健全な食生活・食習慣の確立、食文化の継承、教育ファーム等の農林漁業体験活動の促進、地産地消の推進など、地域に根ざした取組みが課題になっています。
本コンクールは、このような国民的課題をふまえて、民間の団体等が自発的に行う活動が全国で展開され、関係者の情報共有が促進されることを目的として実施するものです。
さまざまな食育活動を、活動の目的別に、ひろく全国から募集して、特にすぐれた実践事例を表彰いたします。