【著者】『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

戸門秀雄さんが 公益社団法人 日本河川協会の第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

 

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の著者、戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞されました。

「第24回日本水大賞」 ・「2022日本ストックホルム青少年水大賞」受賞者
受賞活動名は「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」(=『川漁』)おめでとうございます!

45年間にわたり魚野川に通い、さまざまな魚の漁法や漁具、食べ方、川にまつわる伝承などをノートに書き留め、本にまとめた功績が認められました。
なお、大賞はペシャワール会のアフガン・「緑の大地計画」です(『季刊地域』41号、42号の中村哲さん追悼企画参照)。

日本水大賞は1998年に創設され、水循環の健全化に貢献するさまざまな活動の中から特に優れたものを表彰してきた賞です。

表彰式・受賞活動発表会は6月14日、日本科学未来館で開催され、3年ぶりに秋篠宮皇嗣殿下もご出席の予定。

■郷土料理 ともん