【広告】朝日新聞6/29掲載

■農文協の新刊地重版本
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

農家が教える 酢とことん活用読本

小さい林業で稼ぐコツ2

小さい林業で稼ぐコツ

種まきびとの ちくちくしごと

 

【広島 蔦屋書店】くらしがしごと
2号館1F マガジンストリートにて
2022年05月26日(木) – 07月03日(日) まで

自然とともに生きるための ひとつの生き方、
土着的に、土と生きる。
資本主義にまるっと、よりかからず
自分の着るものや食べものを
手でつくると、手がよろこぶ
                 早川 ユミ
高知在住の布作家、早川 ユミさんは「ちくちくツアー」と題した展覧会や、ワークショップを日本各地で開催していらっしゃいます。
2023年までびっしりと予定が入っている、その「ちくちくツアー」ではありませんが、『くらしがしごと 土着のフォークロア』(扶桑社)と『畑ごはん ちいさな種とつながる台所』(文化出版局)の出版を記念して、広島 蔦屋書店でちいさな早川 ユミ展「くらしがしごと」フェアを開催しています。
農文協の『種まきびとの ちくちくしごと』に出てくる服も展示しています。

 

 

 

 

 

【広告】日本農業新聞6/25掲載

■肥料高騰 身近な有機物資源を見直そう
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

 

地力アップ大事典
今さら聞けない 有機肥料の話 きほんのき
米ぬか とことん活用読本
堆肥とことん活用読本
鶏糞を使いこなす
DVDブック モミガラを使いこなす
緑肥作物 とことん活用読本
農家が教える 石灰で防ぐ病気と害虫

痛快 イネつくり(復刊・解説付)
痛快 コシヒカリつくり(復刊・解説付)
写真集 井原豊のへの字型イネつくり(復刊・解説付)

【受賞】戸門秀雄さんが第24回日本水大賞受賞で表彰されました。

■『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の取材による「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」で審査部会特別賞を受賞されました。

日本水大賞については下記をご覧ください。
■第24回日本水大賞の各賞を決定~水循環の健全化に貢献する様々な活動から特に優れたものを表彰~

■新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録
戸門秀雄 埼玉

写真は6月14日 第24回日本水大賞の表彰式・受賞活動発表会会場にて(於・日本科学未来館)

■審査部会委員 山田正先生(中央大学研究開発機構教授)の講評(要旨)

私の経験に絡めてお話をさせていただきたい。私は河川工学が専門だが、大学で教わったやり方で数式ばかり扱っていても、ちっとも川のことはわからなかった。もっと川のことを理解したくて生物学も勉強したが、まだわからない。それで宮本常一の著作も読んだりしていたが、あるとき戸門さんの『職漁師伝』という本を読んで、川の源流にこんなふうに生きた人たちがいたのかと衝撃を受けた。川のヒューマンな部分に触れられた気がした。魚野川流域の記録もそうだが、戸門さんはそれまで誰も知りえなかった川に生きる人間の生きざまを描いて、私たちに伝えてくれた。審査部会特別賞に値する稀有な仕事。息子さんも文章を書かれている。今後のご活躍にも期待したい。

全文はこちらから 審査部会長 浅枝隆先生の講評(PDF)

■戸門秀雄さんの著書
『職漁師伝 渓流に生きた最後の名人たち』

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』

 

 

*授賞式動画 3時間9分53秒あたりから戸門さんの発表と審査部会委員のご講評です。