【イベント】全国和牛能力共進会 宮城大会はじまる!

5年に1度の「和牛のオリンピック」、第11回全国和牛能力共進会最終比較審査(宮城全共)が7日、仙台市で開幕しました。

農文協もこの全共に合わせて【新刊】を2冊刊行、現地会場のH40ブースで展示販売いたします!

「夢メッセみやぎ」のH40ブースにもぜひ、お運びください!

開催期間 平成29年9月7日(木)~11日(月)の5日間
開催場所 種牛の部+イベント:夢メッセみやぎ(宮城県仙台市宮城野区港3丁目1-7)
肉牛の部:仙台市中央卸売市場食肉市場(宮城県仙台市宮城野区扇町6丁目3-6)

【新刊】その1

9784540171574名人が教える 和牛の飼い方 コツと裏ワザ

著者 農文協

定価 2,484円 (税込)

ISBNコード 9784540171574

発行日 2017/08

判型/頁数 B5 160ページ

●「現代農業」の人気記事が目白押し
本書は、「現代農業」に掲載された和牛の記事を厳選してまとめたものです。
雑誌記事から、特に農家の反応がよい記事を教えてもらい、内容に盛り込みました。
「牛の皮膚病に五倍酢と油」「重曹で雌雄産み分け」「脱!化粧肉」「えひめAI」「つむじの位置で牛の性格がわかる」「イチョウ形ハナカンで離乳が楽」など、おもしろい記事が目白押し。
是非、会場でお手に取ってご覧ください!

■こんな記事が載っています!(五倍酢+油、つむじ、脱化粧肉、手ぬぐい灸)

WAGYUUkiji2

【新刊】その2

9784540170560最新農業技術 畜産 vol.10

特集:黒毛和種の種雄牛情報

著者 農文協

定価 6,480円 (税込)

ISBNコード 9784540170560

発行日 2017/09

判型/頁数 B5 288ページ

 

■特集 黒毛和種の種雄牛情報

今年は5年に1度の和牛オリンピック「全共」(第11回全国和牛能力共進会)が宮城県で開催される。
宮城県の黒毛和種牛は,脂肪交雑に優れる「茂重波」に代表される「茂金波」系の特徴を有している。造成された種雄牛の多くは「茂重波」の息牛または本牛を血統内にもつものであり,繁殖雌牛の30%弱は「茂重波」の息牛「茂勝」,その息牛「茂洋」の娘牛などで占められている。一方,課題として増体・発育能力,体幅・後躯の体型の改良や子牛市場上場時の日齢体重の増加,肥育期間の短縮,枝肉重量の増加があった。また,交配では茂金系の近交係数が上昇し生時体重の低下が指摘されたため,10%を超えないような交配を推進してきた。しかし,近年は「茂洋」の利用により,増体,発育,体型,枝肉成績が大きく改善されている。宮城県畜産試験場・石黒裕敏氏が解説。

今回は黒毛和種それぞれの産地の種雄牛情報を,カラー口絵も含めて特集。造成の経緯から供用中の基幹種雄牛まで一挙紹介します。

また、巻頭事例では強固な指導・支援体制によって,軽種馬産地に黒毛和種の新しい産地をつくる、北海道の日高地方の事例も、注目です。

■こんな記事が載っています!(下記PDFでご覧になれます)

畜産VOL10

 

 

 

 

 

 

 

 

第11回全国和牛能力共進会 宮城大会 公式サイト

会場「夢メッセ みやぎ」アクセス

 

【イベント】農文協・全国各地で展示即売会2017

■農文協の専門書、新刊が手にとって見れます!
全国即売情報 その1

今年も農業祭の季節がやってきました!

IMG_0193

農文協は今年も、各地の農業祭イベントに展示即売コーナーを出展いたします。

農業祭や試験場の参観デーは、いろいろな農機具の展示や農産物・特産品の即売、
おいしい郷土料理を食べられるコーナーなど、子どもから大人まで楽しめるイベントも盛りだくさん。

そして今年は、各地農業祭ほか5年に1度の全国和牛共進会(宮城)の開催も…!
農文協でも大会を盛り上げるべく、たくさんの農業書・専門書をご用意しております。

お祭り気分で楽しんだ後には、ぜひ農文協ブースにお立ち寄りください。
なかなか手に入らない、農文協ならではの専門書もきっちり品揃えしております。
IMG_0200
◆各会場の詳しい情報は主催者にお問い合わせください。
農文協が出展予定の全国農業祭(8月10日現在)

8月21日(月)~22日(火)
中国5県 高等学校農業教育研究大会・全国高等学校農場協会中国支部大会 
【ピュアリティまきび  岡山市北区下石井2-6-41】

8月24日(木)~25日(金)
施設園芸新技術セミナー・機器資材展 in 大分 
【日田市市民文化会館(パトリア日田)】

8月24日(木)~26日(土)
第72回岩手県全国農業機械実演展示会 
【アピオ(岩手産業文化センター) 滝沢市砂込389-20】

8月26日(土) 
栃木県農業試験場公開デー     
【栃木県農業試験場 宇都宮市瓦谷町1080】
IMG_0056
9月1日(金) 
福島県農業総合センター果樹研究所参観デー 
【福島県農業総合センター 福島市飯坂町平野字檀の東1】

9月1日(金)~2日(土)
秋田県農業試験場参観デー 
【秋田県農業試験場内 秋田市雄和相川字源八沢34-1】

9月2日(土) 
秋田県農業試験場参観デー 
【秋田県果樹試験場内 横手市平鹿町醍醐字街道下65】

9月2日(土)~4日(月) 
第94回山形農業まつり農機ショー 
【最上川中山緑地公園 東村山郡中山町長崎】

9月7日(木)~8日(金)
青森県農林総合研究所参観デー 
【青森県産業技術センター農林総合研究所 黒石市田中82-9】

9月7日(木)~8日(金) 
青森県りんご研究所参観デー 
【りんご研究所 黒石市牡丹平字福民24】 

9月7日(木)~11日(月)
第11回全国和牛能力共進会宮城大会 
【夢メッセみやぎ/仙台市中央卸売市場食肉市場】

9月9日(土)
平成29年度岩手県農業研究センター参観デー
【岩手県北上市成田20-1】

9月9日(土)
東北農業研究センター公開デー 
【農研機構 東北農業研究センター 盛岡市下厨川字赤平4】 





【イベント】農文協農業書センター・藤山浩講演会 8/30(水)

「長続きする地域社会の条件〜1%戦略の神髄」 fujiyama0830

「シリーズ田園回帰」注目の著者が講演!

「限界集落」の一般的なイメージと裏腹に、「あんな端っこの不便なところに誰も新たに人は住むわけない」と思われていた山間部や離島で、若年層の移住者を増やし、社会増を実現しているところがある。
条件不利をもろともしない、「脱限界集落」「地域再生」の決め手とは何か。
「毎年1%の定住増で地域は大丈夫!」 と、過疎地域に希望を与えた「田園回帰1%戦略」の発案者が、全国のデータ分析と、各地の現場をアドバイスをしながら回って得た知見をもとに熱く語る。

 

 

■藤山 浩さん講演会
■日 時:8 月30 日(水)19:00 〜20:00

■会 場:農業書センター特設スペース
■講 師:藤山 浩(一般社団法人持続可能な地域社会総合研究所所長)
【入場無料・事前申込み不要】

●講師略歴
藤山 浩(ふじやま・こう)
1959 年島根県生まれ。一橋大学経済学部卒業。広島大学大学院社会科学研究科
博士課程後期修了。博士(マネジメント)。
島根県中山間地域研究センター研究統括監、島根県立大学連携大学院教授などを
経て、2017 年4 月より、一般社団法人 持続可能な地域社会総合研究所 所長。
著書『田園回帰1%戦略』(農文協、2015 年)は「過疎対策のバイブル」(読売、濱
田武士氏評)、「地域再生の分野の書籍の決定版中の決定版」(毎日、藻谷浩介氏評)な
どと絶賛されている。

●講師著書
『シリーズ田園回帰①田園回帰1%戦略』
『シリーズ田園回帰⑧世界の田園回帰』 
『日本のクリエイティブクラス』
『はじまった田園回帰』
『地域再生のフロンティア』(以上、農文協刊)
『田園回帰がひらく未来』(岩波書店刊)

【イベント】大西暢夫写真展 ここは、わが町 8/5から開催!

no-ma■津波に流された町、ダムに沈んだ町
50年後、あなたの「わが町」は、変わらずそこにありますか?

津波に流された町、ダムに沈む村――ひとりひとり、ひとつひとつの物語。写真家・映画監督の大西暢夫は約20年にわたり、ダム建設と長い間向かい合ってきた全国の山里を巡り、そこに生きる人たちの住まいや暮らしぶりをカメラに収めてきました。また2011年の東日本大震災以降は、被災地である東北沿岸部を訪れ、その風景の撮影や、人々へのインタビューも続けています。本展では、大西のライフワークともいえるこれらの仕事を集中的に紹介します。作品には、困難を抱えながらも日常を大切に生きてい人々が、表情豊かに写っています。その光景からは、私たちの日常とも重なり合うものを見つけられるかもしれません。
■日時:2017年8月5日(土)~8月27日(日)
■場所:ボーダレス・アートミュージアム NO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)
■入場無料
*会期初日には大西暢夫監督作品 映画「水になった村」上映&スペシャルトークショーも開催

くわしくは こちら(PDF)
■■■■■■■ 農文協・大西暢夫の本■■■■
ダム建設のために移転した後も村に戻って生活する小西さん一家の、水没前の最後の一年の記録。根曲がり竹、キハダ、トチもちなど、四季の山の幸に生かされた暮らしの豊かさと失ったものの大きさを描く写真絵本。(大西暢夫 写真・文 定価 2,052円)
9784540121852
角田公次さんは、奥さんとふたり60~70群のハチ(西洋ミツバチ)を飼う。「養蜂家は耳で花をみる」。花の下で聞こえる羽音で、花やミツバチのようすがわかる。自宅まわりには樹齢50年以上のサクラをはじめ、サイカチ、トチ、ウワミズザクラ、アカシアなど。「花と人間をつなぐのがミツバチ」、角田さんは今年も蜜源植物のナタネのタネをまき、クリやアカシアの苗木を植える。蜜源植物を育てながらハチを飼い蜜をしぼる角田さんの1年。
9784540142390
滋賀県甲賀市の中本清治さんは、ドングリから育てたクヌギを使ってシイタケをつくる。木が大きくなるまで17年、伐採して植菌して収穫できるまでまた1年。ほだ木はやがて朽ちて土に還る。伐採した切り株からは新しい芽が出てまた林をつくる。50年後、100年後につながる山をつくりシイタケを育てる農家の一年。

【著者イベント】宮崎学「ヒトの傍らで―シナントロープから見た世界」ニコンサロン新宿で

■ヒトの傍らで―シナントロープから見た世界 宮崎学写真展
5/9 (火) ~5/15 (月)  10:30~18:30(最終日は15時まで)
会期中無休

9784540121166

写真ルポ イマドキの野生動物

動物たちのビックリ事件簿 全4巻

著者の宮崎学さんの展覧会が新宿ニコンサロンで開催中。
ご本人も「会場で声をかけてくださいね」(FBより)とのこと。

くわしくはニコンサロンHPで