【イベント】銀座・教文館書店で『それでも「ふるさと」』豊田さん講演会

■銀座教文館「ナルニア国」・本の魅力を語る会
原発事故から7年~『それでも「ふるさと」』シリーズにこめた思い

日時:5月20日(日)16:00~17:30
講師:豊田直巳さん(フォトジャーナリスト)
テーマ:原発事故から7年~『それでも「ふるさと」』シリーズにこめた思い
会費:1,000円
定員:40名
会場:ナルニアホール

 

 

2011年3月11日の東日本大震災から、早7年が経とうとしています。福島の原発事故のその後は、どうなっているのでしょう? 離れた場所で暮らす人には遠い記憶になってきている「今」、現実をつきつける写真絵本が3冊刊行されました。その著者であるフォトジャーナリストの豊田さんをお招きし、本に込めた想い、裏話(?)などをお聞きします。
ぜひ、奮ってご参加ください!

※受付はお電話にて。
1コール1名様でお受けしています。ご了解くださいませ。
参加ご希望の方はナルニア国までお電話でお申込みください。
☏ 03-3563-0730(10:00~20:00)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

ブックトークの会

地図

教文館への地図・アクセス案内

 

【イベント】5/23(水)トークセッション『いま、福島から日本社会の何が見えるのか』

●農業書センターイベント案内

■トークセッション■
『いま、福島から日本社会の何が見えるのか  徐京植×豊田直巳』

「3.11」から7年-この国では「震災」も「原発事故」も「過去の出来事」として歴史の片隅へと追いやられ、「未来志向」がその「記憶」の希釈化に拍車をかけている。
福島の地を共に歩いた作家と写真家の目に、何が見えるのか。
チェルノブイリの石棺のようにこの国を覆い、人々を窒息させる全体主義について語り合う。

日 時:5月23日(水) 19時開始、20時終了
会 場:農文協・農業書センター
※入場無料

●徐京植(ソ キョンシク)
1951年生まれ。作家・東京経済大学現代法学部教授。人権論・芸術論。
福島原発事故関連の著書に「フクシマを歩いて」(毎日新聞社)「フクシマ以後の思想をもとめて」(共著・平凡社)「奪われた野にも春は来るか」(共著・高文研)がある。
近刊に「日本リベラル派の頽落」(高文研)。

●豊田直巳(とよだ なおみ)
フォトジャーナリスト。1956年生まれ。
長年にわたり、イラクやパレスチナなどの紛争地を取材。チェルノブイリの取材経験をもとに、近年(東日本大震災は)福島(飯館村)を中心に取材活動を継続し、映画製作にも取り組む。
福島原発事故関連の書籍に「福島を生きる人々」「福島 原発震災のまち」(ともに岩波書店)、
「フクシマ元年」(毎日新聞社)、映画「奪われた村-避難5年目の飯館村民」「遺言-原発さえなければ」がある。
最新刊に『それでも「ふるさと」』全3巻(『「孫たちは帰らない」けれど』他)農文協。

************************************************************
農文協・農業書センター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-15-2 第一冨士ビル3階
Tel.03-6261-4760 Fax.03-6261-4761
e-mail:book@mail.ruralnet.or.jp
http://www.ruralnet.or.jp/avcenter/
■営業:(平日)10:00~19:00 (土曜)11:00~17:00
(日・祝日)休業
************************************************************

【イベント】農業書センターで「林業」イベント!!

■■『見られる!触れる!作業服とチェーンソー』■■

『林業現場人 道具と技』(全国林業改良普及協会)で紹介した
安全用具の実物が農業書センターに登場。
ヘルメット、ジャケット、チェーンソーパンツ、ブーツ、グローブなど
林業従事者のアイテムを身につけてみませんか?
その正しい使い方を体験できます。
同誌編集長がスライドショーでご説明します。

日 時:4月20日(金) 19時~20時
場 所:農文協・農業書センター
講 師:『林業現場人 道具と技』『林業新知識』『現代林業』編集制作部長・本永剛士さん
主 催:全国林業改良普及協会
協 力:ハクスバーナ・ゼノア(株)

※入場無料
※『林業現場人 道具と技』バックナンバーフェア開催中

森の手入れや木の伐採に興味を持っている方は勿論、ない方も、是非お越しください。

************************************************************
農文協・農業書センター   荒井 操(Arai Misao)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-15-2 第一冨士ビル3階
Tel.03-6261-4760 Fax.03-6261-4761
e-mail:book@mail.ruralnet.or.jp
http://www.ruralnet.or.jp/avcenter/
■営業:(平日)10:00~19:00 (土曜)11:00~17:00 (日・祝日)休業
************************************************************

【参加募集!】農文協・読者の集いin大阪のご案内

第7回 現代農業読者の集い

第7回「現代農業読者の集い」を大阪にて開催いたします。

今回は、現代農業でおなじみのイネつくりの作業名人
「サトちゃん」こと、佐藤次幸さんをお招きします。
これからの日本の、地域の、世界の農業について、
この機会に一緒に考えてみませんか?

■日時:2月10日(土)13時から17時まで
■主催:農山漁村文化協会近畿支部
■場所:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター5階特別会議室)
大阪市中央区大手前1-3-49 電話:06-6910-850
京阪「天満橋」駅、地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出入口から東へ約350m。
JR東西線「大阪城北詰」駅下車。2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。
■参加無料
■定員:先着100名(要・事前お申込み)

================================
■佐藤次幸さんと語らう座談会
「サトちゃんと大いに語ろう!農業・農村の未来」
講師・佐藤次幸(さとうつぐゆき)さん

■座談会後、参加者交流会を開催します。
交流会では参加者のみなさんや佐藤次幸さん、農文協職員が自由に話せる場にする予定です。
加工品や農産物など、自慢の一品がある方はぜひお持ち寄りいただきご紹介ください!

●詳細はこちら(チラシPDF)
================================

申込は hukudome@mail.ruralnet.or.jp

もしくは電話06-6962-0491まで
参加者多数にて参加して頂けない場合のみご連絡いたします。

FAXでのお申し込みは ●こちら(チラシPDF)から
みなさまのご参加をお待ちしております。

================================

★トラクタ名人・サトちゃんの

DVD イナ作作業名人になる! 全3巻

大好評発売中です!