【読者の集い】第6回 近畿エリア 現代農業読者の集い

Print■第6回 近畿エリア 現代農業読者の集い

宇根豊さん講演会
「百姓学宣言のねらい 農本主義は生きもののまなざしなんだ」

日時:2017年2月11日(土)13-17時
会場:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)5階特別会議室 http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html

参加費:無料 (要申込み 先着100名)

■プログラム■
13:00 受付開始13:30-15:30 宇根豊さん講演会
15:00-15:30 質疑応答
15:50-16:30 参加者交流会

ご案内をお送りします。

農文協近畿支部 FAX 06-6962-4855 か
メール E:mail noda@mail.ruralnet.or.jp あて、ご連絡ください。

【読者の集い】第7回 関東甲信越支部『現代農業』読者の集い

9784540151361第7回 関東甲信越支部『現代農業』読者の集い

日時:2017年2月11日(土)

会場:長野県教育文化厚生協会(長野市南長野聖徳5937 tel.026237-8115

 *参加費  資料代 500円

今年のテーマは小さい農業』で稼ぐに です。 

「攻めの農業だ!農業を産業化しないといけない!」などなど 大規模で効率的な農業だけが理想の農業だといった風潮が強くなっているようです。ほんとうにそうなのでしょうか。本来、農業は多様な存在であるはずです。家族を想い地域が元気でにぎやかであることを願うのが農家であり農業であるとおもいます。今回の「読者の集い」ではそれぞれの地域や条件に合った、農業や農家経営とはどんなものなのか。そのために必要な技術は、販売方法は???みんなで話あう場にしたいと考えました。   単行本 「小さな農業で稼ぐコツ」でおなじみの西田栄喜さんがゲストです。
みなさんの参加をお待ちしております。

■プログラム■

開場 11:30     開会 12:20

第一部 問題提起 12:30~14:00

小さい農業で稼ぐコツ 西田栄喜さん
第二部 分科会 14:20~16:00
西田さんの農家経営を4つのテーマで分解。興味ある話題で好きなだけ情報交換しましょう。
1 栽培技術/2 土づくり/3 経営/4 加工
第三部  まとめにかえて 16:10~16:40

申込書をお送りします。農文協関東支部あて
FAX0285-27-6804 か、メール
E-mail:oike@mail.ruralnet.or.jp あて、ご連絡ください。

【イベント】無農薬栽培、美味しく健康な野菜つくりを実現する有機栽培講習会<基礎編>in岡山・備前市

■無農薬栽培、美味しく健康な野菜つくりを実現する
有機栽培講習会<基礎編>

有機栽培基礎講座20161126募集チラシ「高品質」「高収益」「高栄養」の作物栽培を可能とする有機栽培の科学的・論理的な栽培技術の講習会です。今回は有機栽培の基本的な考え方を学びます。

家庭菜園・新規就農からプロ農家まで。有機栽培に関心のある方是非、お越しく
ださい!!

◀(チラシクリックでPDFがご覧になれます)

■農文協の書籍も販売いたします。

【日時】2016年11月26日(土)13:00~16:00
(12時30分より受付)12時45分までにご来場ください。
【場所】備前市三国地区公民館(備前市役所三国出張所内)
住所:岡山県備前市吉永町都留岐319
電話:0869-85-0005

※臨時駐車場を用意します。少し離れていますので、12時45分までにお越しください。(できるだけ乗り合わせてご来場ください。)
【講師】小祝政明
有機農業や微生物の研究を重ね、独自の有機農業実践方法【BLOF理論】を提唱。
経験やカンに頼るだけでなく客観的データを駆使し、科学的・論理的な有機農業の実際を全国の農家に指導している。
有機肥料の販売やコンサルティング活動をする株式会社ジャパンバイオファーム代表取締役、一般社団法人 日本有機農業普及協会代表理事を務める。

【受講料】500円
【お申込み・お問い合わせ】
主催:吉永オーガニックマーケット 道閑(どうかん)
E-mail:y.organic.m@gmail.com
TEL:090-8067-4243 FAX:0869-84-9060

※氏名(ふりがな)・住所・電話番号・所属/栽培作物 をご記入いただき上記までお申し込みください。定員になり次第、締め切りとなります。

【イベント】「自然共生型農業研究シンポジウム2016」in帯広

PowerPoint プレゼンテーション「自然共生型農業研究シンポジウム2016」

天敵を活用した害虫防除など、自然共生型農業に係る
シンポジウムが行われます。(於:北海道 帯広市)

日時:平成28年11月22日(火)10:30~16:45
場所:帯広市とかちプラザレインボーホール
主催:農研機構北海道農業研究センター

参加申込:平成28年11月15日(火)まで

問合せ先:北海道農業研究センター芽室拠点まで
電話:0155-62-9276 池田上席研究員

■お申し込みは → 参加申込様書・PDF

【イベント】「柿渋ニューワールドへの扉を拓く!!」~その魅力と課題、そしてエコ社会の再生へ~

「柿渋ニューワールドへの扉を拓く!!」 ~その魅力と課題、そしてエコ社会の再生へ~

 201601027sibugaki

■日時  平成281027(木)13:0017:15

■会場  国立国会図書館関西館 大会議室

 (住所)619-0287 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

 (電話)代表:0774-98-134(資料案内)

 (最寄り駅)JR新祝園駅、近鉄・祝園駅よりバス

主催   柿渋・カキタンニン研究会・国立国会図書館  後援:精華町

プログラム

13:0013:15 ========================

 講演会の趣旨と研究会の活動内容および国立国会図書館と共催する意義

    松尾 友明 (柿渋・カキタンニン研究会会長)

13:1513:55 ========================

 柿渋原料果実の生産向上に向けての課題克服について

    濱崎 貞弘(奈良県農業研究開発センタ- 加工科総括研究員)

13:5514:35 ========================

 渋柿の渋の抜ける、抜けないのはどうして決まる?

     板井章浩(京都府立大学大学院・教授)

14:3514:50    <休憩時間 (展示物の見学・意見交換)>

14:5015:30 ========================

 渋柿の渋み成分の悪酔い防止効果とサプリメント販売戦略

    板村 裕之(島根大学生物資源科学部・教授)
15:3016:10 ========================

 染料屋から見た柿渋の魅力と課題

    田中 直輔(田中直染料店 9代目社長)   

16:1016:45 ========================

 柿渋研究の情報基盤を考える:デ-タベ-スの活用からみえるもの

     依田 紀久 (国立国会図書館関西館文献提供課)

16:4517:15   総合討論

17:1518:00  見学・意見交換会 
18:0019:00   交流会(名刺交換など)

========================

■参 加 費: 無料

■参加定員: 150名

■お問合せ&申込み
 「講演会などお申込み」から、お申し込みください。チラシ

農文協『柿づくし』著者の濱崎 貞弘先生も講演します!

多くの方のご参加をお待ち致しております。

9784540161179

柿づくし

柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存

著者 濵崎貞弘

定価 1,728円 (税込)

ISBNコード 9784540161179