【イベント】大西暢夫写真展 ここは、わが町 8/5から開催!

no-ma■津波に流された町、ダムに沈んだ町
50年後、あなたの「わが町」は、変わらずそこにありますか?

津波に流された町、ダムに沈む村――ひとりひとり、ひとつひとつの物語。写真家・映画監督の大西暢夫は約20年にわたり、ダム建設と長い間向かい合ってきた全国の山里を巡り、そこに生きる人たちの住まいや暮らしぶりをカメラに収めてきました。また2011年の東日本大震災以降は、被災地である東北沿岸部を訪れ、その風景の撮影や、人々へのインタビューも続けています。本展では、大西のライフワークともいえるこれらの仕事を集中的に紹介します。作品には、困難を抱えながらも日常を大切に生きてい人々が、表情豊かに写っています。その光景からは、私たちの日常とも重なり合うものを見つけられるかもしれません。
■日時:2017年8月5日(土)~8月27日(日)
■場所:ボーダレス・アートミュージアム NO-MA(滋賀県近江八幡市永原町上16)
■入場無料
*会期初日には大西暢夫監督作品 映画「水になった村」上映&スペシャルトークショーも開催

くわしくは こちら(PDF)
■■■■■■■ 農文協・大西暢夫の本■■■■
ダム建設のために移転した後も村に戻って生活する小西さん一家の、水没前の最後の一年の記録。根曲がり竹、キハダ、トチもちなど、四季の山の幸に生かされた暮らしの豊かさと失ったものの大きさを描く写真絵本。(大西暢夫 写真・文 定価 2,052円)
9784540121852
角田公次さんは、奥さんとふたり60~70群のハチ(西洋ミツバチ)を飼う。「養蜂家は耳で花をみる」。花の下で聞こえる羽音で、花やミツバチのようすがわかる。自宅まわりには樹齢50年以上のサクラをはじめ、サイカチ、トチ、ウワミズザクラ、アカシアなど。「花と人間をつなぐのがミツバチ」、角田さんは今年も蜜源植物のナタネのタネをまき、クリやアカシアの苗木を植える。蜜源植物を育てながらハチを飼い蜜をしぼる角田さんの1年。
9784540142390
滋賀県甲賀市の中本清治さんは、ドングリから育てたクヌギを使ってシイタケをつくる。木が大きくなるまで17年、伐採して植菌して収穫できるまでまた1年。ほだ木はやがて朽ちて土に還る。伐採した切り株からは新しい芽が出てまた林をつくる。50年後、100年後につながる山をつくりシイタケを育てる農家の一年。

【著者イベント】宮崎学「ヒトの傍らで―シナントロープから見た世界」ニコンサロン新宿で

■ヒトの傍らで―シナントロープから見た世界 宮崎学写真展
5/9 (火) ~5/15 (月)  10:30~18:30(最終日は15時まで)
会期中無休

9784540121166

写真ルポ イマドキの野生動物

動物たちのビックリ事件簿 全4巻

著者の宮崎学さんの展覧会が新宿ニコンサロンで開催中。
ご本人も「会場で声をかけてくださいね」(FBより)とのこと。

くわしくはニコンサロンHPで

 

 

【読者の集い】第6回 近畿エリア 現代農業読者の集い

Print■第6回 近畿エリア 現代農業読者の集い

宇根豊さん講演会
「百姓学宣言のねらい 農本主義は生きもののまなざしなんだ」

日時:2017年2月11日(土)13-17時
会場:大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)5階特別会議室 http://www.dawncenter.jp/shisetsu/map.html

参加費:無料 (要申込み 先着100名)

■プログラム■
13:00 受付開始13:30-15:30 宇根豊さん講演会
15:00-15:30 質疑応答
15:50-16:30 参加者交流会

ご案内をお送りします。

農文協近畿支部 FAX 06-6962-4855 か
メール E:mail noda@mail.ruralnet.or.jp あて、ご連絡ください。

【読者の集い】第7回 関東甲信越支部『現代農業』読者の集い

9784540151361第7回 関東甲信越支部『現代農業』読者の集い

日時:2017年2月11日(土)

会場:長野県教育文化厚生協会(長野市南長野聖徳5937 tel.026237-8115

 *参加費  資料代 500円

今年のテーマは小さい農業』で稼ぐに です。 

「攻めの農業だ!農業を産業化しないといけない!」などなど 大規模で効率的な農業だけが理想の農業だといった風潮が強くなっているようです。ほんとうにそうなのでしょうか。本来、農業は多様な存在であるはずです。家族を想い地域が元気でにぎやかであることを願うのが農家であり農業であるとおもいます。今回の「読者の集い」ではそれぞれの地域や条件に合った、農業や農家経営とはどんなものなのか。そのために必要な技術は、販売方法は???みんなで話あう場にしたいと考えました。   単行本 「小さな農業で稼ぐコツ」でおなじみの西田栄喜さんがゲストです。
みなさんの参加をお待ちしております。

■プログラム■

開場 11:30     開会 12:20

第一部 問題提起 12:30~14:00

小さい農業で稼ぐコツ 西田栄喜さん
第二部 分科会 14:20~16:00
西田さんの農家経営を4つのテーマで分解。興味ある話題で好きなだけ情報交換しましょう。
1 栽培技術/2 土づくり/3 経営/4 加工
第三部  まとめにかえて 16:10~16:40

申込書をお送りします。農文協関東支部あて
FAX0285-27-6804 か、メール
E-mail:oike@mail.ruralnet.or.jp あて、ご連絡ください。