【受賞】第13回辻静雄食文化賞受賞『全集 伝え継ぐ日本の家庭料理』

■第13回辻静雄食文化賞・贈賞式が行われました。

2022年7月24日 第13回辻静雄食文化賞贈賞式が行われ、公益財団法人辻静雄食文化財団より農文協刊行の『全集 伝え継ぐ日本の家庭料理』が表彰を受けました。

 

第13回辻静雄食文化賞の本賞には、中国と世界の様々な場所を大きな視点でとらえ、近現代の中国における料理の変化とその世界的広まりを一望した野心的大作で類書のない、岩間一弘氏の『中国料理の世界史―美食のナショナリズムをこえて』(慶應義塾大学出版会)と、食に見られる多様性を読者に訴えかけ、それを大切にしたいと感じさせる力を持つ、質の高い本づくりが評価された、一般社団法人日本調理科学会企画・編集『全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理』全16巻(農山漁村文化協会)の2作品が選ばれました。そして、専門技術者賞には、文化としてのガストロノミーの現代的洗練を体現するその仕事が高く評価された、「エスキス」エグゼクティブシェフ リオネル・ベカ氏が選定され、同財団より表彰を受けました。

■香西 みどり氏/『全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理』(全16巻)企画・編集 一般社団法人日本調理科学会

 

 

 

「この度は栄えある賞をいただきありがとうございました。この受賞は学会にとって大変光栄であり、食文化研究に関心の高い学会員にとっても今後の励みになると思います。昭和40年前後に地域に定着していた家庭料理、地域の人が次世代以降に作ってほしいと願っている料理を対象とし、多くの方と交流を深めながら貴重な記録を残すことができました。全国に分散する学会員約360名が聞き書き調査を行い、毎号600名以上の方にご協力をいただくという一大事業に関われたことを嬉しく思います。調理文化の地域性を明らかににするために長年蓄積してきた情報を、出版物を通して全国に共有できることは食文化の地域性の共有化になると思います。本書は日本の食文化を次世代に伝え継ぐという大切な作業を社会全体でやっていく、その一助になればと心から願っています。この受賞はそういう意味でも大変意義あるものであり、重ねて感謝申し上げます。」
【贈賞理由】
このまま誰も記録しなければ失われてしまうものを残そうという、強い使命感に支えられた、大変貴重な仕事である。地方まで画一化が進む今日、食に見られる多様性を読者に訴えかけ、それを大切にしたいと感じさせる力を持つ、質の高い本づくりも評価したい。
【作品について】
「100年先もふるさとの味が残ってほしい」という思いから、2012年以降、日本調理科学会は家庭料理の全国的聞き書き調査を実施してきた。その研究の成果の中から、1960~70年代までに地域に定着していた家庭料理で、次世代にも作ってほしいと思う約1400品を選んだ。それらを「すし」「野菜のおかず」「行事食」など16のテーマに分け、実際に再現可能なレシピの形で収録したのが、カラービジュアル版の本シリーズである。

 

 

 

■辻静雄食文化財団のプレスリリース

全集 伝え継ぐ 日本の家庭料理 全16巻 ★第13回辻静雄食文化賞受賞

【著者】『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

戸門秀雄さんが 公益社団法人 日本河川協会の第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞!

 

『川漁 越後魚野川の伝統漁と釣り』の著者、戸門秀雄さんが第24回日本水大賞の審査部会特別賞を受賞されました。

「第24回日本水大賞」 ・「2022日本ストックホルム青少年水大賞」受賞者
受賞活動名は「新潟県魚野川流域を中心とした川の文化の記録」(=『川漁』)おめでとうございます!

45年間にわたり魚野川に通い、さまざまな魚の漁法や漁具、食べ方、川にまつわる伝承などをノートに書き留め、本にまとめた功績が認められました。
なお、大賞はペシャワール会のアフガン・「緑の大地計画」です(『季刊地域』41号、42号の中村哲さん追悼企画参照)。

日本水大賞は1998年に創設され、水循環の健全化に貢献するさまざまな活動の中から特に優れたものを表彰してきた賞です。

表彰式・受賞活動発表会は6月14日、日本科学未来館で開催され、3年ぶりに秋篠宮皇嗣殿下もご出席の予定。

■郷土料理 ともん

【受賞】真田純子准教授 土木学会賞出版文化賞受賞(2020.5.14)

■農山漁村文化協会(農文協)刊行「図解 誰でもできる石積み入門」で

公益社団法人土木学会は5月14日、令和元年度土木学会賞受賞者を発表し、東京工業大学環境・社会理工学院 土木・環境工学系の真田純子准教授が出版文化賞を受賞しました。(東工大ニュースより

出版文化賞は土木に関連する出版物で、土木工学・土木技術の発展に貢献し、あるいは読者に感銘を与えることにより、土木文化活動の一環となりうると認められた出版物を対象とし、その著者を表彰しています。

受賞理由として土木学会は、
以下のように発表しています。

 

棚田や段畑に用いられている石積みの壁は、日本人なら誰しも一度は実物を間近に見た、あるいは写真やビデオ映像で見たことのある、伝統的な土木構造物である。しかしながら、それがどういうものであるかを、詳しく観察したり深く考えたりしたことのある人は、意外と少ない。

本書は、石積みに出会った著者が、自らの体験に基づき、その素晴らしさを広く伝えようとしたものである。「そもそも石積みとは何か」という話から始まるが、ふんだんなカラー写真によって本書の全貌をつかむことができ、すぐさま読者を高揚させる。それに続く、特有で伝統的な道具、床掘り、石の置き方や積み方の説明は、イラスト、写真、ケーススタディ、コラムもあって、土木の知識のない人にも親しみやすい。まるで石を一つずつ積みあげていくかのように丁寧で、漏れもなく、工事の安全性や効率にも触れている。積み石のかみ合わせやグリ石の層による排水など、構造や地盤の専門家もうなずく講義もある。結びの部分には特に、著者の思いがこめられている。石積みとの出会いに始まり、石積み学校での経験、日本やイタリアの石積みの現状が綴られ、これらは本書の余韻となる。

以上のように本書は、石積みの文化や景観の素晴らしさを広く啓蒙し、土木の原点を再認識させるものであり、これから実際に石積みをしようとする人にとっては数少ない示方書のような価値もある。よって、ここに土木学会出版文化賞を授与する。

真田先生はワークショップ「石積み学校」や「タモリ倶楽部」で石積みの実践をするなど、石積みの実践についての発信を行ってきました。

東工大ニュース「真田純子准教授ら3名が土木学会賞を受賞」
「タモリ倶楽部」に真田純子准教授が出演

景 広がりゆく土木と景観のデザイン(真田研究室の紹介)