【広告】日本農業新聞5月10日掲載

■現代農業6月号発売です!

現代農業 2019年6月号 ★5/2発売

特集:もしかして間違ってる!? 農薬のまき方

◆もしかして間違ってる!? ノズルと散布圧
その防除、「ノズルの目」に葉裏は見えてる!?――ノズルさばきと散布圧の話(奈良県農業水産振興課・國本佳範さん)
キリナシノズルに変えてみた
アスパラガスにもキリナシノズル!?
静電噴口なら、薬液が葉裏に回り込んでくれますよ

◆もしかして間違ってる!? 農薬をまく時間帯
夜防除にしたら薬液が作物に吸い込まれた
根菜類の防除は、夜露を利用して株元の地中まで
害虫は夜に狙い撃ち!
農薬散布の時間帯は、季節によって変えるべきです
わたしの防除も間違ってた

◆もしかして間違ってる!? 散布のタイミング
ハウスは雨前防除が鉄則ですよ
露地では「殺菌剤は雨前、殺虫剤は雨後」が原則
雨が降り続くときは治療剤の雨中散布

◆もしかして間違ってる!? 農薬の量
薄くても効きますよ
農薬減らしに同時防除
殺虫成分入りのイネ苗箱施用剤は4年に1回でもOK

◆もしかして間違ってる!? 展着剤の使い方
本邦初公開!展着剤の分類と使いこなし方
静電噴口に「まくぴか」は禁物

◆農薬散布のイライラ解消
水和剤を快適にきれいに使い切るコツ
動噴の重いホースは竹の上を滑らせる
バック散布なら農薬がかからない
簡易な自作キャビンで被爆をガード

◆困った病害虫相談室
◆ハダニは任せろ 露地果樹園で天敵が活躍する時代へ
◆微生物農薬を使いこなす
◆新登場の緑肥の実力やいかに
◆ネギ・タマネギの話題の病害虫
◆続・RACコードでローテーション防除

◆安くてよく効く 銅剤はやっぱり偉大だ
◆ドローンで空から防除 その実際と勘どころ
◆ジワジワ多発 イネの紋枯病
◆やっぱり困るね 斑点米カメムシ
◆帰化アサガオ、ツユクサ、雑草イネ……土中の草のタネ、もう増やさない!
◆中古品を使って除草剤散布ボートを8000円で自作
◆カラー口絵 完全自動航行も実現 快速!ドローン防除
ほか

伝え継ぐ日本の家庭料理12 米のおやつともち ★5/1発売予定

【広告】日本農業新聞あぜ道書店(毎日曜書評欄)5月5日~

◇この季節がやってきた!
\\ 今年こそはやられない!病害虫防除の本 //

すぐわかる 病害虫ポケット図鑑

新版 病気・害虫の出方と農薬選び

農家が教える 農薬に頼らない病害虫防除ハンドブック

だれでもできる果樹の病害虫防除

農家が教える 石灰で防ぐ病気と害虫

ハダニ防除ハンドブック

ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

新版 家庭菜園の病気と害虫

伝え継ぐ日本の家庭料理12 米のおやつともち

 

【セメント入りの土のうで土留めをする方法】現代農業2008年11月号より

このたびの豪雨災害により、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられました地域の皆様にお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

■現代農業バックナンバー記事より。 お役立て下さい。

編集部あて、広島の農家さんから電話がありました。

「7~8年前に、土のうにセメントと砂利を詰めて」土留めにするという記事があったはずだが、何月号だったか、という問い合わせがありました。ご本人は、家の建物に被害はありませんでしたが、ミカンの畑の土手が崩れ、樹が流されたとのこと。放っておくと、また雨が降ればどんどん土が流れ出して下の家にも迷惑をかけるので、『現代農業』の記事にあった方法で土手を補修したいとのことでした。

セメント入りの土のうで土留めをする方法は、東南アジアのほうでやっているのをテレビで見たりしたことがあったそうで、『現代農業』の記事も印象に残っていたようです。土のう袋に詰めるセメントと砂と砂利の割合が一番知りたかったことだそうです。

その記事を下記に公開します。
現代農業2008年11月号掲載の記事で、また、農文協DVD「農地・水・環境保全向上対策」支援シリーズ No.4にも収録している、
秋田県湯沢市の「萬古清風」という活動組織が実践していたやり方です。(下記写真をクリックしていただくとPDFが開きます。5-6ページです)

 

 

 

 

 

 

 

■ただいま発売中の現代農業2018年8月号の特集は
「台風・豪雨、猛暑に立ち向かう」です。
こちらもあわせてお役立て下さい。

【広告】日本農業新聞 全3段広告 6/23掲載

■農文協の新刊と、関連書籍
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

日農3d_16Nov_入稿

現代農業別冊 農家が教える ドリンク、スムージー百科

柿づくし

現代農業別冊 農家が教える 梅づくし

らっきょう三昧

トマトときゅうりの本

うかたま47号(2017年夏号

手づくりビール読本

リンゴのお酒 シードルをつくる

塩麹と甘酒のおいしいレシピ

手づくりのたれ・ソース・調味料

【広告と記事】北海道新聞5/28掲載

■農文協の写真絵本 けんぶち絵本の里大賞受賞
「いのちつぐ みとりびと」シリーズ

みとり新聞AD出力

◆いのちつぐ「みとりびと」 シリーズ

みとりびと1 恋ちゃんはじめての看取り
みとりびと2 月になったナミばあちゃん
みとりびと3 白衣をぬいだドクター花戸
みとりびと4 いのちのバトンを受けとって

みとりびと5 歩未とばあやんのシャボン玉
みとりびと6 華蓮ちゃんさいごの家族旅行
みとりびと7 ぼくはクマムシになりたかった
みとりびと8 まちに飛び出したドクターたち

みとりびと9 「もうひとつのお家」ができたよ

みとりびと10 よかった、お友だちになれて
みとりびと11 さいごまで自分らしく、美しく
みとりびと12 みんなでつくる「とも暮らし」

◆北海道新聞5/19(夕刊)で紹介されました。

写真家・國森康弘さん 写真絵本シリーズ完結!

みとりは命のバトンリレー「いのちつぐ『みとり人』」全12巻完結。シリーズ1巻の「恋ちゃん はじめてのみとり」が2012年けんぶち絵本の里大賞を受賞したことが大きな励み。

kunimori