【セメント入りの土のうで土留めをする方法】現代農業2008年11月号より

このたびの豪雨災害により、お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、被害を受けられました地域の皆様にお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

■現代農業バックナンバー記事より。 お役立て下さい。

編集部あて、広島の農家さんから電話がありました。

「7~8年前に、土のうにセメントと砂利を詰めて」土留めにするという記事があったはずだが、何月号だったか、という問い合わせがありました。ご本人は、家の建物に被害はありませんでしたが、ミカンの畑の土手が崩れ、樹が流されたとのこと。放っておくと、また雨が降ればどんどん土が流れ出して下の家にも迷惑をかけるので、『現代農業』の記事にあった方法で土手を補修したいとのことでした。

セメント入りの土のうで土留めをする方法は、東南アジアのほうでやっているのをテレビで見たりしたことがあったそうで、『現代農業』の記事も印象に残っていたようです。土のう袋に詰めるセメントと砂と砂利の割合が一番知りたかったことだそうです。

その記事を下記に公開します。
現代農業2008年11月号掲載の記事で、また、農文協DVD「農地・水・環境保全向上対策」支援シリーズ No.4にも収録している、
秋田県湯沢市の「萬古清風」という活動組織が実践していたやり方です。(下記写真をクリックしていただくとPDFが開きます。5-6ページです)

 

 

 

 

 

 

 

■ただいま発売中の現代農業2018年8月号の特集は
「台風・豪雨、猛暑に立ち向かう」です。
こちらもあわせてお役宛て下さい。

【広告】日本農業新聞 全3段広告 6/23掲載

■農文協の新刊と、関連書籍
お求めはお近くの書店、または「田舎の本屋さん」

日農3d_16Nov_入稿

現代農業別冊 農家が教える ドリンク、スムージー百科

柿づくし

現代農業別冊 農家が教える 梅づくし

らっきょう三昧

トマトときゅうりの本

うかたま47号(2017年夏号

手づくりビール読本

リンゴのお酒 シードルをつくる

塩麹と甘酒のおいしいレシピ

手づくりのたれ・ソース・調味料

【広告と記事】北海道新聞5/28掲載

■農文協の写真絵本 けんぶち絵本の里大賞受賞
「いのちつぐ みとりびと」シリーズ

みとり新聞AD出力

◆いのちつぐ「みとりびと」 シリーズ

みとりびと1 恋ちゃんはじめての看取り
みとりびと2 月になったナミばあちゃん
みとりびと3 白衣をぬいだドクター花戸
みとりびと4 いのちのバトンを受けとって

みとりびと5 歩未とばあやんのシャボン玉
みとりびと6 華蓮ちゃんさいごの家族旅行
みとりびと7 ぼくはクマムシになりたかった
みとりびと8 まちに飛び出したドクターたち

みとりびと9 「もうひとつのお家」ができたよ

みとりびと10 よかった、お友だちになれて
みとりびと11 さいごまで自分らしく、美しく
みとりびと12 みんなでつくる「とも暮らし」

◆北海道新聞5/19(夕刊)で紹介されました。

写真家・國森康弘さん 写真絵本シリーズ完結!

みとりは命のバトンリレー「いのちつぐ『みとり人』」全12巻完結。シリーズ1巻の「恋ちゃん はじめてのみとり」が2012年けんぶち絵本の里大賞を受賞したことが大きな励み。

kunimori

【受賞】おめでとうございます。「農家になろう シイタケとともに」のきのこ農家・中本清治さんが黄綬褒章を受賞!

9784540142390シイタケ長年、その道一筋に打ち込んできた人におくられる「春の褒章」で
滋賀県甲賀市のシイタケ農家・中本清治さんが黄綬褒章を受賞されました。

中本さんはドングリから約20年かけて育てたクヌギを原木に使い、シイタケを栽培しています。
「自然の中で育った安全で栄養価の高いシイタケを届けられるのが喜び。受章は大変光栄で、支えてくれた人たちに感謝したい」と語りました。

■農文協刊「農家になろう8巻 シイタケとともに きのこ農家 中本清治」は、そんな中本さんのシイタケつくりを写真で追いかけたドキュメンタリー写真絵本。写真家は『おばあちゃんは木になった』(ポプラ社 第8回日本絵本賞)、『ぶた にく』(幻冬舎エデュケーション 第59回小学館児童出版文化賞、第58回産経児童出版文化賞大賞)、『徳山村に生きる』(農文協)などの作品で知られる大西暢夫さんです。

自然と向き合い、こだわりのシイタケをつくるため、60年ずっと取り組んできた中本さん。今日も3万本のほだ木のためドングリを植え続けています。

【新聞記事】毎日新聞で「バケツイネ選手権」が紹介されました!

季刊雑誌「のらのら」で毎年開催している「バケツイネ選手権」が
毎日新聞の
暮らし欄で紹介されました。

家庭で田植え「バケツ稲」
田植えの季節です。自分の田んぼを持つのは難しいが、バケツ稲なら家で手軽に米が作れます。
今年の秋は自分で育てたお米を収穫してみませんか。「バケツイネ選手権」(農山漁村文化協会主催)で昨年度プロの部で優勝し、昨年は1粒から1万7599粒を育てた茨城県農業総合センターの技師、岩澤紀生さんに作 り方を教えてもらいました。

(続きは こちら 毎日新聞記事

4910072950669
のらのら